新着情報詳細

公開日2019年3月11日

未来の学びを実現するブラウザ環境について

 未来の学びコンソーシアムでは、2020年度からの小学校プログラミング教育実施に向けて、プログラミング教育に関する指導案等を公開し、学校での取組を応援しています。
 現在公開されている事例には、どなたでも無料で利用でき、世界中ですでに使われているScratchを利用しているものが数多くありますが、Scratchについては、2019年1月に2.0から3.0にバージョンアップし、マイクロソフト社製ブラウザであるインターネット エクスプローラー (Internet Explorer: 以下IEと記す)では動作しなくなりました。これを受けて、当コンソーシアムにも今後どのようなブラウザを使うべきかについて、多くの問い合わせを頂いているところです。

Scratch3.0のサポートブラウザは、Scratchのページで以下のとおり紹介されています。

デスクトップ
・Chrome (バージョン63以上)
・Edge (バージョン15以上)
・Firefox (バージョン57以上)
・Safari (バージョン11以上)
タブレット
・Mobile Chrome (バージョン62以上)
・Mobile Safari (バージョン11以上)
https://scratch.mit.edu/info/faq より参照(平成31年3月1日時点)

 これを受けて、未来の学びコンソーシアムが提供するScratchを用いたプログラミング教育コンテンツも、IEでは動作いたしません。学校及び教育委員会におかれましては、小学校プログラミング教育の円滑な実施に向けて、授業に用いるプログラミング教材が動作する適切なブラウザ環境をご用意ください。

 なお、Scratchには、ブラウザを利用しないオフライン版も用意されています。こちらをインストールすることで、一部を除きオンライン版(ブラウザ版)と同等の機能が利用可能になります。( https://scratch.mit.edu/download )

 小学校プログラミング教育の円滑な実施に向けて、授業に用いるプログラミング教材・ソフトウェアが柔軟に利用できるよう、適切な環境整備をお願い致します。