Contents & Places

人材・研修法

【総務省実証事業】2020年必修化を見据えたオープンで探求的・総合的なプログラミング学習実施モデル

北陸

平成28年4月、平成32年度からの小学校でのプログラミング必修化の方針が発表されました。プログラミング教育は子どもたちが主体的・協働的に学習に取り組むことにより「論理的思考力」「問題解決力」「創造性」といった能力を向上させます。しかし、まだ学校教育への取組例が少なく、それを指導する立場の準備も十分ではありません。
我々は、いくら立派にカリキュラムマネジメントしても、緻密に学習目標を設定しても、簡単な教材を用意しても、 子どもたちに届ける最後のアンカーをどのように育成するのかがプログラミング教育の成否を分けると考えております。
従いまして、プログラミング教育を実際に行っていく指導者(メンター)、そしてその講座を受ける子どもたちのために、加賀市、キラメックス株式会社と連携し、加賀市教育委員会、加賀市の教員を対象に「Hour of Code」「ルビィのぼうけん」等の教材を使用してのプログラミング教育指導者研修会を実施しました。

研修資料や模擬授業の動画等を加賀市教育委員会内で共有し、校内自主研修等に広まるよう工夫をいたしました。また、教材については無料かつICT環境への依存が少ないもののみを使用しております。
授業内容についても「教育課程内でも教育課程外でも実施できる」形にしており、本実証事業のように夏休み期間や土曜特別授業でも実施できます。また、平成29年度の展開も可能なように総合的な学習の時間でも実施できる形にしており、他の自治体でも時間枠の確保もしやすくしております。


詳細は下記Webサイトをご確認ください。
http://programming.ictconnect21.jp/code.html

団体情報

一般社団法人みんなのコード

【総務省実証事業】2020年必修化を見据えたオープンで探求的・総合的なプログラミング学習実施モデル