Contents & Places

人材・研修法

【総務省実証事業】コース選択制による創造的プログラミング教育の普及推進

信越

豊田市では、学校教育情報化プランを2016年3月に策定し、平成32年までに生徒1人1人が、ICT教育を通じて、「習得」「活用」「探究」を軸に個人の資質能力を身につけるために、「どのように学ぶか」に力点を置いた授業設計を目標に掲げている。この状況下で、ICTを活用した学習機会の提供と共に、プログラミング教育を実施することで、今後の豊田市におけるICTを活用した教育、プログラミング教育の環境整備、ノウハウの構築が背景としてある。

そこで、ライフイズテックのプログラミング教育に関する実績、ノウハウ、知見、教育カリキュラム、コース、教材等を活用し、D2Cが本モデルのインタラクティブな学習機会の企画、設計、運営、管理、豊田市内の教育に関わる関係者等とのコーディネートを実践した。

メンターとしての適正を以下の様に整理し個別面談を通して選定した。
・ITを通して社会に影響を与えたい
・プログラミングスキルを身につけたい
・プログラミング教育について学びたい
・中高生への教育について興味がある
・プログラミングスキルを、子どもたちへの教育に活かしたい
・教育やプログラミングスキルを通して地域活性に貢献したい

大学等の校内の掲示板を利用する他、既存のメンターからの口コミや紹介などを利用することで、プログラミング教育に関しての興味・関心を醸成することができ、メンター募集への不安が緩和し参加意志のモチベーションが上がる。 また選考過程において、募集対象となる学生の属性を事前に分けて面談等を実施することで、個に対応した応対が可能となる。学生の属性としては、技術的な思考性か教育的な思考性かに整理し、技術的な思考性の場合はファシリテーションやコミュニケーションを学ぶ研修がある旨を伝える。一方で教育的な思考性の場合はプログラミング技術の基礎から応用までの教材や教科書の有無を伝え、また先輩メンターや講師等からのフォロー体制が研修時やインターネットを使用したSNS等による機会がある旨を伝え、不安を払拭した。先ずは、馴染みのないプログラミング教育のメンターという役割に対して不安を取り除く試みが必要となる。

詳細は下記Webサイトをご確認ください。
http://programming.ictconnect21.jp/d2c.html

団体情報

株式会社D2C ※協力 愛知県豊田市、ライフイズテック株式会社

【総務省実証事業】コース選択制による創造的プログラミング教育の普及推進